ブライダルフェア、指輪のお得情報はこちらお得情報まとめ

顔合わせ食事会の費用はどれくらい?費用分担は?

  • URL Copied!

この記事は約9分で読めます。本文は約4364文字です。

Pocket

くますけ

こんにちは!くますけです!
数あるブログの中から当ブログを選んでいただき、ありがとうございます!

最近では結納は行わずに、顔合わせ食事会のみを行うカップルが増えてきています。

顔合わせ食事会をするとなると気になるのは費用面ですよね。

顔合わせ食事会は両家が新しく家族となるための第一歩です!

しっかりと準備をして成功させたいですよね。

今回は顔合わせ食事会の費用についてまとめました。

この記事で分かること
  • 顔合わせ食事会の費用の相場
  • 費用は何にかかるのか
  • 費用分担はどうするのか
  • トラブルを防ぐ7つのポイント

プロポーズから結婚式、新婚生活までのポイントをロードマップにまとめています!
婚活から新婚生活まで1つにまとめています!ぜひご覧ください!!
結婚までのロードマップ【付き合ってから結婚までの具体的な流れのまとめ】

くますけ

私の経験を書いた「くまの新郎ブログシリーズ」もやっています!リアルな経験を書いているので、ぜひご覧ください!

それでは解説していきますね!

目次

顔合わせ食事会の費用の相場

相場

顔合わせ食事会の費用の相場ですが、かかる費用は様々です。

食事代や会場代などなど、すべて含めての相場は平均で約8万円前後です。

費用の内訳としては食事代が大半を占めており、1人約5000円~1万円程度です。

そこに飲み物代や個室料金などが上乗せされていきます。

会場別の食事代の費用相場は

  • レストラン:2~4万円
  • 料亭:2~4万円
  • ホテル:4~6万円
  • 結婚式場:6~8万円

人気があるのは料亭→レストラン→ホテル→結婚式場の順になります。

これは新郎新婦、両親の6人での顔合わせ食事会を想定した金額です!

ここに祖父母や兄弟が参加するのであれば、さらに人数分の費用が加算されます。

それでは食事代以外にどんな費用がかかるのか見ていきましょう!

費用は何にかかるのか

チェック

食事以外の費用の平均は2~4万円程度です。

会場の雰囲気などによって詳しい部分は変わってきますが、一般的なものを紹介していきます。

手土産代

顔合わせ食事会の手土産代の相場は3000円~5000円程度です。

手土産は必ず必要というわけではありませんが、

準備していった方が両家には好印象でしょう!

事前に両親の好みのリサーチは忘れずに行いましょう。

くますけ

手土産についてはこちらの記事も参考にしてください!

衣装代

振袖
くますけ

女性であれば振袖を着たいと思う人は多いのではないでしょうか?

そもそも振袖とは未婚の女性だけが着ることを許されるものです。

多くの女性は顔合わせ食事会や結納が振袖を着る最後の機会になります!

振袖のレンタル代は平均3万円程度です。

しかし、そこに着付け代が加わるとさらに費用が増えます。

着付け代の相場は5000円~2万円程度です。

事前にどの程度かかるのか調べてからレンタルをする店を決めましょう!

男性であればヨレヨレのスーツはマナー的にアウトなので、スーツを新調することもあるでしょう。

新品のスーツを買う場合であっても、持っているスーツを綺麗にクリーニングする場合でも費用はかかります。

男性の服装は顔合わせ食事会の費用を考えるときに見落としやすいポイントなので要注意です!

ヘアセット代

振袖 髪型

女性でかかるのはヘアセット代もですね。

振袖を着るからには、それに合ったヘアセットもしてきたいですよね!

美容室によっても変わりますがヘアセット代の相場は約5000円程度です。

交通費・宿泊費

両家のどちらか、または両方が遠方の場合は交通費と宿泊費がかかります!

両親には事前にどういった交通手段で来るのか、宿泊は必要なのか確認をしておきましょう。

費用分担はどうするのか

電卓 封筒 お金

それでは費用分担はどうするのがいいのか解説していきます。

費用分担には大きく3パターンがあります!

  • 新郎新婦の2人が払うパターン
  • 両家が折半するパターン
  • どちらかの両親が払うパターン

1つずつ見ていきましょう。

新郎新婦の2人が払うパターン

くますけ

最も多く選ばれているパターンです!

理由としては「顔合わせ食事会は新郎新婦が両親を招待する」という考えがあるためですね。

新郎新婦が主催として開催するという考えを持っているカップル、

これまでの両親への感謝の気持ちを表したいと思うカップルにおすすめです!

完全に2人で折半するのか、どちらかが多く払うのかは2人で話し合ってください。

新郎新婦の2人が払う場合に注意すること
  • 両親の前で支払いをしない
    目の前で自分たちのために子供たちがお金を出しているのを見るのは両親にとっては心苦しいことです。
    食事会の終盤に新郎新婦どちらかがお手洗いに行ったタイミングで支払いも済ませてしまうとスマートですよ!
  • 両親の支払いの申し出は1回断る
    あらかじめ費用は2人で払うと伝えていてもお金を準備してくるのが親というものです。しかし、喜んで受け取ってはいけません。
    両親からの支払いの申し出は1回断るのがマナーです。
    お店での支払いはスマートに終えて、詳細は後日両家で話し合うのもGOODですね!

両家が折半するパターン

くますけ

このパターンは結納に近い、きっちりとした顔合わせ食事会の場合に多いです。

両家の結びつきの意味合いが強く、だからこそ両家で折半するという考えの両親が多いようです。

両家で折半する場合の注意点
  • どちらかが遠方の場合
    どちらかが遠方だと宿泊費や交通費が発生します。これを遠方側だけが負担するのは不公平です。代わりに食事代はもう一方が持つなど分担の工夫をしましょう!
  • 女性側にヘアセット代や着付け代などがかかっている場合
    女性側もせっかくなので振袖を着たいと思います。そうするとレンタル代、着付け代、ヘアセット代がかかってきます。これでは女性側の負担が大きくなるので、男性側が食事代を多めに出すなど工夫をしましょう!

どちらかの両親が払うパターン

くますけ

あまり多くないパターンです。

両親の強い希望や地域性、どちらかが遠方の場合などに選ばれやすいです。

両親に強い希望がある場合が多いので、両親にしっかり確認しておきましょう!

また、両家で不公平が生まれないように2人がちゃんと間に入って調整役をしてくださいね。

トラブルを防ぐ7つのポイント

ポイント

最後に顔合わせ食事会の金銭的トラブルを未然に防ぐためのポイントを紹介していきます!

お金はトラブルのもとです。

これから家族となる両家でわだかまりが残らないようにしっかりと話し合っていくことが大切です!

ポイント①顔合わせ費用について2人の考えをまとめる

具体的なプランまでは綿密に練らなくても大丈夫です。

カッチリやりたいのか、カジュアルにやりたいのか

そんな抽象的なイメージだけでも決めておくと、大体の費用が想定できるので、

まずは2人の考えを擦り合わせておきましょう!

ポイント②両親の意向を確認する

顔合わせ食事会には両親の意向が強く反映される場合もあります。

両親の意見も聞かずに2人だけで進めてはわだかまりが残りかねません。

ポイント①のように2人の考えをまとめてから、両親の意向を確認すると意見がブレブレにならずにおすすめですよ!

ポイント③誰が費用を分担するか決める

前述したパターンをふまえて費用分担を決めましょう!

あらかじめ分担を決めておかずに当日に両家で揉めてしまう・・・

こういった最悪のシナリオは避けたいですよね。

両親の意向も聞きつつ決めていきましょう。

ポイント④折半の場合は割合を決める

費用分担は多くは折半になります。

本人たちで折半する場合は2人で話し合えばいいですが、両家で折半する場合は話が別です。

2人である程度の割合を決めておき、両家に提案する形で進めるとよいでしょう。

ちゃんと2人が調整役になることが大切です!

ポイント⑤支払いをする人、タイミングを決める

当日に誰が、いつ払うかはあらかじめ相談しておきましょう。

2人で折半する場合も、最後の支払いの時に2人でお金を出して数えている姿を親に見られたくないですよね。

それを見た親は

大丈夫かな。俺らが払おうかな。

と不安になってしまうでしょう。

両親を不安にさせないためにも、事前に決めておきましょう!

おすすめはどちらかがトイレに立った流れで支払いを済ませておくとスマートですよ。

ポイント⑥費用を封筒に入れておく

現金で支払いをする予定であれば封筒に入れておくのがベストです。

前述したように支払いは親に気づかれずにスマートに行うと好印象です。

トイレに立つときに財布を持って行っては支払いを怪しまれてしまいますよね。

だからこそ、封筒に入れて鞄やポケットに忍ばせておくと親にもばれにくいですよ。

ポイント⑦現金は多めに用意しておく

何か予想外の出費があった場合に備えて現金は多めに持っておくのが吉です。

予想外の出費は以下のものがあります。

  • コース料理の飲み物代
  • 着付けやヘアセットの早朝料金

まとめ:顔合わせ食事会の費用はどれくらい?費用分担は?

今回は顔合わせ食事会の費用についてまとめました!

顔合わせ食事会の費用の相場
  • 全てを含めた費用の平均は8万円前後
  • 食事代の平均は1人5000円~1万円
  • 費用は食事代以外に手土産代、衣装代、ヘアセット代、交通費、宿泊費がかかる
  • 費用分担で一番多いのは新郎新婦が折半。次いで両家で折半。一番少ないのはどちらかの両親が負担するパターン
トラブルを防ぐポイント
  • ポイント①顔合わせ費用について2人の考えをまとめる
  • ポイント②両親の意向を確認する
  • ポイント③誰が費用を分担するか決める
  • ポイント④折半の場合は割合を決める
  • ポイント⑤支払いをする人、タイミングを決める
  • ポイント⑥費用を封筒に入れておく
  • ポイント⑦現金は多めに用意しておく

金銭トラブルは一度起きてしまうと、今後の関係への影響が大きいです。

これから家族になる両家の関係がうまくいくようにするためにも、

2人でうまく調整しつつ費用を考えていきましょう!

くますけ

ここまで読んでいただきありがとうございました!
また次の記事でお会いしましょう!

大手ブライダルサイトではお得なキャンペーンが毎月開催されています!

「結婚式場選び」「婚約・結婚指輪選び」どちらもキャンペーンを利用することでかなりお得になります!

私の思うそれぞれの特徴は

それぞれキャンペーン内容は違いますのでチェックして比べてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSもやってます!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

総合病院勤務の作業療法士
マッチングアプリで妻と出会い
2020年6月入籍
12月コロナ禍の中、挙式
プレ新郎・花嫁向けに
☆新郎ブログ
☆プロポーズ~結婚準備
☆結婚式
☆結婚後
4つを中心に執筆します。
よろしくお願いします♬

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる