ブライダルフェア、指輪のお得情報はこちらお得情報まとめ

結婚後の家計管理どうしてる?共有すべき2つのこと、管理方法5つのパターンをご紹介!共働きと専業主婦(夫)どれがおススメ?

  • URL Copied!

この記事は約6分で読めます。本文は約3168文字です。

Pocket

くますけ

こんにちは!くますけです!
数あるブログの中から当ブログを選んでいただき、ありがとうございます!

いきなりですが・・・

結婚はとても幸せなものです!

私の昨年結婚した新婚なんですが

毎日楽しく生活しております!

しかし、結婚後夫婦喧嘩の原因として

常に上位にあるのが「お金の管理」ですね。

一緒に暮らしていくわけですから

お金の問題は当然出てきます。

しっかり話し合っていくことで、未然に防げる喧嘩です。

この記事で分かること
  • 管理方法を話し合う前に共有しておくこと2つ
  • お金の管理方法5パターン
  • 自分たちに合ったお金の管理方法

この記事を読んでみなさんに合った管理方法を

見つける参考になったら嬉しいです!

プロポーズから結婚式、新婚生活までのポイントをロードマップにまとめています!
婚活から新婚生活まで1つにまとめています!ぜひご覧ください!!
結婚までのロードマップ【付き合ってから結婚までの具体的な流れのまとめ】

それでは紹介していきますね🎵

目次

新婚夫婦がお金の管理の前に話し合うべきこと

いきなりお金の管理の話をする前に

夫婦で共有おくべきことが2つあります。

  • ①今の貯蓄額を共有しよう
  • ②将来のライフプランを共有しよう

この2つになります。

いぬすけ

もう話してるよ🎵

という方もいるかと思いますが

まだの方はぜひ話し合ってもらいたいと思います!

今の貯蓄額を共有しよう

これから二人で家計を一緒にしていくわけですから

今の貯蓄額の共有は

家庭の現在の資産を把握することになります。

貯蓄額だけではなく

奨学金やローン、もしあるならば借金

負債についてもしっかりと共有しておく必要があります。

話しておかないと後々必ず喧嘩の原因になり

最悪離婚・・・ということもありえますからね

将来のライフプランを共有しよう

お互いに将来はどういったライフプランを考えているか

これを共有することも大切です。

「子供は3人ほしい」「マイホームを買いたい」「海外旅行に家族で行きたい」

などの将来の夢を話し合って二人で想像すること

貯蓄へのモチベーションのアップに繋がります。

お金の管理はみんなどうしてる?5つのパターン

それでは、実際に夫婦でのお金の管理以下の5つのパターンを紹介します。

お金の管理5パターン
  • ①どちらかが管理して小遣い制
  • ②項目別に分担する
  • ③財布を1つにまとめる
  • ④毎月定額、共通口座に振り込む
  • ⑤どちらかの収入を生活費、どちらかを貯蓄にする

どれが一番良いとかはなく

自分たちに合った方法を話し合っていくのが大切です✨

どちらかが管理して小遣い制

よくある妻が家計を管理して、夫が毎月小遣いをもらうパターンです。

メリット
デメリット
  • 1人が一括管理をするので全体を把握しやすい
  • 金銭管理の得意な方が管理できる
  • 管理している側の負担が大きい
  • もう1人が金銭管理に無頓着になりやすい
こんな夫婦におすすめ
  • 金銭管理の得意不得意がはっきり分かれている夫婦
  • どちらかが小遣い制で納得している夫婦

妻が管理するものと決めつけてはいけません。必ず話し合って決めてください。
管理は1人で行っていますが、トラブルを避けるためにも毎月の収支はしっかりと2人で共有していきましょう。

項目別に分担する

ローンや家賃は夫、食費や光熱費は妻、消耗品は半分ずつ

といったように夫婦で固定費を分担する方法です。

メリット
デメリット
  • 固定費以外のお金はお互い自由に使える
  • 収入差によってはどちらかの負担が大きくなってしまう
  • 合算の貯蓄額の把握が難しい
こんな夫婦におすすめ
  • 収入差があまりない夫婦
  • 共働きの夫婦
  • 個人で自由に使えるお金が欲しい夫婦

・2人の収支に合わせて固定費負担の割合をしっかり話し合いましょう。
・貯蓄額が把握しにくいのでお互いの収支や貯蓄額は月1で共有していきましょう!

財布を一つにまとめる

2人の収入を合わせて一つにまとめて、そこから生活費を支払っていく方法です。

メリット
デメリット
  • 収支を合算するので資産管理がやりやすい
  • 個人で自由に使えるお金がない
  • 消費の割合が収入の割合に合わずに不公平な場合もある
こんな夫婦におすすめ
  • 2人で稼いだお金は共通資産という考えを持つ夫婦
  • 個人でお金をあまり使わない夫婦
  • 別々に管理するのが面倒な夫婦

どちらかが浪費癖があると共通財布がすっからかんになる可能性があります。
しっかりと話し合いをして家計簿アプリなどで管理をしたり、貯蓄分は別口座に移したりと工夫は必要です。

毎月定額、共通口座に振り込む

夫婦の貯蓄用の口座を作って、毎月決めた額を貯蓄していく方法です。

どういう形であれ、貯蓄していくことはどの方法でも必須なので、この方法は他の方法と併用して使うことをオススメします!

メリット
デメリット
  • 毎月一定額の貯金のため資産管理がやりやすい
  • 個人で使えるお金がある
  • 他の方法と併用しやすい
  • 入金額が同じだと収入差で不平等が生じる
こんな夫婦におすすめ
  • 確実に貯蓄をしていきたい夫婦
  • 共働きの夫婦
  • 個人で使えるお金が欲しい夫婦
くますけ

ちなみにこの方法は私たち夫婦が実際に採用している方法です🎵

どちらかの収入を生活費、どちらかを貯蓄にする

夫婦の収入のどちらかをすべて貯蓄に回してしまう方法です。

メリット
デメリット
  • 1人分の給料がすべて貯蓄になるため、貯蓄がガツガツ溜まっていく
  • 片方の収入で生活費をまかなえないと成り立たない
  • 産休や育休など減給するタイミングがあり、その都度プランの見直しが必要
こんな夫婦におすすめ
  • 夫(妻)の収入が飛びぬけて高い夫婦
  • 貯蓄をガツガツ貯めていきたい夫婦

産休、育休の他にも怪我や病気で片方の収入が減る、なくなる場合も想定しておく必要はあります。

まとめ:結婚後の家計管理どうしてる?共有すべき2つのこと、管理方法5つのパターンをご紹介!共働きと専業主婦(夫)どれがおススメ?

今回は結婚後のお金の管理について共有すべき2つのこと、管理方法5つを紹介してきました🎵

くますけ

まとめると以下の通りです!

事前に共有すべき2つのこと
  • ①今の貯蓄額を共有しよう
    ➡これを把握しないと始まりません!
  • ②将来のライフプランを共有しよう
    ➡目標金額が分からないとモチベーションも上がりません
お金の管理5パターン
  • ①どちらかが管理して小遣い制
    ➡資産把握はしやすいけど人任せはダメ!
  • ②項目別に分担する
    ➡収入によって比率はしっかり話し合って!
  • ③財布を1つにまとめる
    ➡お金をあまり使わない夫婦におすすめ!
  • ④毎月定額、共通口座に振り込む
    ➡他の方法と併用がおススメ!
  • ⑤どちらかの収入を生活費、どちらかを貯蓄にする
    ➡貯蓄がガンガン溜まる!リスク管理は一番必要!

結婚することで、恋人同士の時とは違い

2人の共通の資産を形成していくことが大切になっていきます。

新婚夫婦の喧嘩の理由でも

お金の問題は常に上位です。

最初は『恥ずかしい』とか『めんどくさい』とか思うかもしれませんが、

最初だからこそ!

2人でしっかり話し合って

自分たちに合った管理方法を見つけていきましょう!

くますけ

ここまで読んでいただきありがとうございました!
また次の記事でお会いしましょう!

大手ブライダルサイトではお得なキャンペーンが毎月開催されています!

「結婚式場選び」「婚約・結婚指輪選び」どちらもキャンペーンを利用することでかなりお得になります!

私の思うそれぞれの特徴は

それぞれキャンペーン内容は違いますのでチェックして比べてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSもやってます!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

総合病院勤務の作業療法士
マッチングアプリで妻と出会い
2020年6月入籍
12月コロナ禍の中、挙式
プレ新郎・花嫁向けに
☆新郎ブログ
☆プロポーズ~結婚準備
☆結婚式
☆結婚後
4つを中心に執筆します。
よろしくお願いします♬

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる