ブライダルフェア、指輪のお得情報はこちらお得情報まとめ

おとり物件って?見分け方のポイント、対応策を解説!

Pocket

くますけ

こんにちは!くますけです🧸
数あるブログの中から当ブログを読んでいただきありがとうございます🎵

私たち夫婦は同棲を始める前に半同棲を経験しました!

半同棲についてはこちらをご覧ください🎵

半同棲から同棲へ移行するときに避けては通れないのが部屋探しですね!

片方の家にとりあえず2人で住むという人もいると思いますが、

おそらく1人暮らし用の間取りになっているため、手狭に感じてしまうでしょう💦

私たちは同棲を始めるときに新しい物件を探しました。

物件を探しているときに「おとり物件」という言葉を目にしました。

私たちは幸いにも「おとり物件」には引っかからなかったのですが、

結構な確率で引っかかってしまう人もいるようなので、

今回はおとり物件についてと、見分け方のポイントについて書いていきたいと思います!

この記事で分かること
  • おとり物件とは
  • なぜ、おとり物件があるのか
  • おとり物件を見分けるポイント
  • おとり物件に引っかからない対策

それでは解説をしていきます!

目次

おとり物件とは

いぬすけ

そもそもおとり物件ってどういう物件なの?

と思う人が多いかと思います!

私もそうでしたから💦

おとり物件、または釣り物件とは

不動産情報では公開されているが、実際には契約ができない物件

のことを言います。

実際には契約ができない物件、または最初から契約をする前提がない物件なので、

もし私たちがその物件を気に入って

見学、内見したい!

申し込みをしたい!

と思っても断られてしまいます。

せっかくお気に入りの物件を見つけたのに、そうなってしまってはがっかりですよね💦

公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会が2021年2月25日に発表した

大手賃貸不動産サイト(調査対象:at home、CHINTAI、LIFULL HOME’S、SUUMO)を

対象におこなった調査結果によると・・・

  • おとり物件の割合:12.2%
  • おとり物件を掲載していた事業者の割合:36.1%
  • おとり物件を掲載していた店舗の割合:34.9%

参考:公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会|インターネット賃貸広告の一斉調査報告(第8回)

このように、大手賃貸不動産サイトでもおとり物件はあるので

いぬすけ

ここは大手だから安心だよ!

とは思わないようにしましょう💦

おとり物件はなぜあるの?

では、そんなおとり物件が「なぜ」存在してしまうのでしょうか?

くますけ

その理由としては大きく2つあります。

  • 業者の不注意
  • 業者の故意

業者の不注意

くますけ

1つ目は業者の不注意です。

掲載情報の更新を忘れていて、成約済みとなった物件を不注意で掲載し続けている場合があります💦

いくら定期的に掲載情報を更新しているといっても、人が行っていることなのでミスはあります。

また、更新と更新の間にちょうど成約済みとなった物件を見つけてしまったという偶然が重なったパターンもあります。

定期的にこちらも情報を確認するようにしましょう💦

業者の故意

くますけ

むしろ問題があるのはこちらの理由です!

やはり不動産業者も商売ですので「集客」をしたいわけです。

なので、好条件の人気物件を「あえて」成約後も掲載し続けて

「集客」に利用するわけですね💦

お店にお客さんが来てくれれば、他の近い条件の物件を提案することもできますからね💦

次で紹介する「おとり物件を見分けるポイント」をしっかりおさえて物件探しをすることが大切になってきます!

おとり物件を見分けるポイント

では、おとり物件はいったいどうやって見分けたらいいのか!

それについて書いていきたいと思います!!

くますけ

おとり物件を見分けるポイントは以下の6つです!

  • 相場よりも家賃が不自然に安い
  • 現地での待ち合わせができない
  • 住所の詳細が不明
  • 物件情報の登録日が古い
  • 複数サイトに掲載されていない
  • 他の不動産会社(サイト)と条件が違う

では、1つ1つ見ていきましょう。

おとり物件を見分けるポイント①相場よりも家賃が不自然に安い

おとり物件の目的は「集客」です。

おとり物件はお客さんが契約したくなるような好条件の物件でなければなりません。

同じ地域の物件と比べてみて明らかに家賃が安かったり

築年数のわりに好条件だったりということが多いです。

普通、そういった相場よりも安い物件には事故物件などの理由があるはずです。

好条件の物件ばかり探していると、こういったおとり物件に引っかかりやすくなるので、

好条件を見つけても、しっかりと相場と比較することが大切になります。

おとり物件を見分けるポイント②現地での待ち合わせができない

物件探しでの内見では場合によっては現地待ち合わせの場合もありますよね。

おとり物件は「存在しない」または「すでに成約済」の物件なので

基本的に現地での待ち合わせが不可となっているか、断られます。

普通の物件、不動産業者であれば現地での待ち合わせも快諾してくれるはずです。

それを何かしらのもっともらしい理由をつけて断ってくるようであれば

そもそも、その業者はやめたほうが賢明だと思います。

たまに「オーナーが現地集合を禁止してるので」という場合もありますが、

オーナーが現地集合を禁止にするのは基本的にあり得ません!

おとり物件を見分けるポイント③住所の詳細が不明

通常不動産サイトであれば住所の詳細が記載されているはずです。

そして、それをGoogleマップなどで調べると詳細が分かるはずです。

しかし、住所の詳細や番地が正確に記載されていない場合は

会社側が何かしら周辺環境などを隠したいという思惑があるようです。

おとり物件は「存在しない」または「すでに成約済」ですから、

住所の詳細を知られて実際に行かれては困りますからね。

物件探しの際は住所の詳細まで記載されているか、しっかり確認しましょう!

おとり物件を見分けるポイント④物件情報の登録日が古い

いくら好条件の物件を見つけたからと言っても、すぐに飛びついてはいけません!

物件情報の登録日も確認しましょう💦

人気の物件は大体ですが、2週間以内の成約することが多いです。

明らかに好条件なのに登録日が2週間以上前の場合は「集客」目的のおとり物件の可能性が高いです!

また、それ以上の古い場合は業者の「不注意」のパターンがあるので

2つ以上の不動産サイトを確認して、同じ物件があるかどうか、登録日はどうなっているかを確認しましょう!

おとり物件を見分けるポイント⑤複数サイトに掲載されていない

好条件の物件であれば複数サイトで掲載されているはずです。

それが、1つのサイトしか掲載されていないということは

「すでに成約済」のおとり物件の可能性が高いです!!

その他にも「来店者のみ紹介可能物件あり」「未公開物件多数あり」という文言が書いてあるサイトは怪しいです。

どうしても物件が気になる場合は直接問い合わせることが一番の方法です!

そこで来店を誘導されるようであれば、おとり物件の可能性が濃厚になります💦

おとり物件を見分けるポイント⑥他の不動産会社(サイト)と条件が違う

いぬすけ

気になる物件がちゃんと複数サイトに掲載されているよ!

いぬすけ

登録日も新しいよ!

このように、今までのポイントをクリアしている物件でも、最後まで気を抜いてはいけません!

最後に確認してほしいのは、他のサイトとの条件の違いがないかです!

他のサイトよりも明らかに好条件になっている場合は条件内容を操作している可能性が高いです💦

こういう場合も直接問い合わせることが一番有効です!

また、他のサイトへも問い合わせておくと整合性がとれるのでおすすめします!

問い合わせたときに他のサイトなどを批判したりするような不動産会社は、

そもそも信用に足らないと思うので選ばない方が賢明と言えるでしょう💦

おとり物件に引っかからない対策

最後におとり物件に引っかからないための対策を紹介します!

くますけ

誰にでもできる有効な対策は以下の2つです!

  • 複数サイトで比較する
  • 気になったら直接問い合わせる

この2点をしっかり行っていくことで先程紹介した6つのポイントはすぐチェックできると思います!

おとり物件に引っかからない対策①複数サイトで比較する

これはおとり物件に限らず物件探しをする場合は基本だと思います。

1つのサイトで満足せずに他のサイトと見比べてみてください!

基本的に複数サイトを比較していくことで

見分けるポイント①、④~⑥はチェック可能です!

その他にも不動産会社の口コミなどの参考にすると

不動産会社を選ぶ参考になるかと思います🎵

おとり物件に引っかからない対策②気になったら直接問い合わせる

気になった物件があったら直接問い合わせてみることが大切です。

電話口などでの対応でおとり物件かどうかも何となくわかってきます。

特に内容はうやむやにされつつ来店を促されるような対応をされた場合は要注意です!

見分けるポイントである住所不明や現地集合可能かどうかも

掲載されていなければ直接問い合わせればOKです!

まとめ:おとり物件とは?見分け方、対策法について

今回はおとり物件について紹介してきました!

くますけ

今回の内容をまとめると以下の通りです!

おとり物件とは?
  • すでに成約済み、または存在しない物件のこと
  • 存在する理由は「不注意」か「故意」
おとり物件を見分けるポイント
  • 相場よりも家賃が不自然に安い
  • 現地での待ち合わせができない
  • 住所の詳細が不明
  • 物件情報の登録日が古い
  • 複数サイトに掲載されていない
  • 他の不動産会社(サイト)と条件が違う
おとり物件に引っかからない対策
  • 複数サイトで比較する
  • 気になったら直接問い合わせる

おとり物件は前もって対策をしておかないと、かなり引っ掛かりやすいと思います💦

なるべく引っかからずに、自分たちに合った物件を探せるように日々情報を集めていきましょう🎵

くますけ

ここまで読んでいただきありがとうございました!
また次の記事でお会いしましょう✨

式場と指輪を決めよう!

結婚を決めたら結婚式場と指輪選びが大切です🎵

結婚式場を決めるためのブライダルフェア指輪選びは早めに予約することをおすすめします🎵

早めに予約するメリット
  • 予約特典や早割などのお得な特典がたくさんある
  • 式場予約は希望する日取りを取りやすい
  • プロポーズや結婚式など指輪が必要になるイベントに余裕をもって間に合う

式場見学やブライダルフェアの予約や指輪の来店予約は大手サイトから予約することでお得な特典をゲットすることができます!

それぞれのサイトで条件や内容は違うので比較してから予約することをおすすめします🎵

いぬすけ

でも、どこで予約したらいいのか分からないよ!

こう思う人もいるかと思います!

当サイトでは、大手サイトのキャンペーン内容をまとめた比較記事があります!

こちらを参考にすると分かりやすいと思いますよ🎵

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

総合病院勤務の作業療法士
マッチングアプリで妻と出会い
2020年6月入籍
12月コロナ禍の中、挙式
プレ新郎・花嫁向けに
☆新郎ブログ
☆プロポーズ~結婚準備
☆結婚式
☆結婚後
4つを中心に執筆します。
よろしくお願いします♬

コメント

コメントする

目次
閉じる